ハイヤーの魅力とタクシーとの違い

ハイヤーと聞くと、何となく高級なイメージを持っているという人もいるのではないでしょうか。社長など会社の重役クラスが乗ったり、高級デパートの送迎車として利用されるというのが一般的なイメージとして定着していることもあるでしょう。では、ハイヤーはタクシーとどのような点で異なるのでしょうか。

そもそも、ハイヤーは予約をしなければ利用ができないことになっています。タクシーの場合、必要な時に利用することができますが、ハイヤーは事前に予約をして日時などを決めておかないと乗ることができません。ここに、両者の最大の違いがあると言えます。完全予約制であるため、運転手と乗客には一定の信頼関係が存在します。流しの車であれば、一時的に乗車して目的地に到着し金額を支払えば関係は終了します。しかしながら、ハイヤーを利用する人や企業は、その事業所に問い合わせをして、どういった車を手配してくれるのかということなどを確認することが多いのです。そして、ハイヤーの運転手は要望に沿えるようなプランを立案します。そうするとここに信頼関係が生まれ、その信頼の下に目的地を目指してもらうことになります。基本的にはVIP待遇になりますので、運転手は到着すると自ら乗客の方へ回りドアを開けます。このようにしてみると、単純に移動の手段としての共通点こそありますが、いかに車内で快適な時間を過ごしてもらうかという違いもあることが分かります。

両者の違いには、この他にも料金メーターの有無があります。タクシーには必ず付いており、これによって請求金額を明らかにするのです。そのため、実際に走った時間や距離が基準となります。この反面、ハイヤーはメーターを乗客の目に付く場所に置かれていないことがほとんどです。なぜなら、走行した時間や距離に関係なくその車が貸し出された期間が請求の対象となるからです。例えば、全く距離を走っていない場合でも丸一日借りたのであれば金額が発生しますし、かなり走行してもその期間が短ければ前者よりも金額が低いこともあります。

このように、両者には様々な違いがありますが、地域によっては同一視しているところが多いのが実情です。都心ではタクシーが多いため問題はないかもしれませんが、そこまでひらけていない地域ではタクシーが少ないことが多いです。どうしても流しの車を確保できない場合には営業所へ連絡をして手配してもらうことになりますので、タクシーもハイヤーも取り扱っている営業所によっては同じように捉えているところも少なくないのです。

先にも述べたように、ハイヤーはとにかくくつろいでもらうことを最大の目的にしていますが、その上では安全運転が大前提です。納車の際に、交通安全祈願のお祓いをしてもらうという会社もあります。それだけ会社はお客様を安全に目的地まで送り届けることと、快適に過ごしてもらうことに重きを置いているのです。

運転手も、乗客に配慮した運転や車内環境を提供するのはもちろんのこと、最近では外国人観光客が増加していることを受けて、英語をはじめとする外国語を話せる人を積極的に手配しているところが多くなっています。ビジネス英語レベルの英語力を身に着けた運転手なら、コミュニケーションが取れてお客様の要望を叶えることが可能なので、より満足してもらえるでしょう。車内でも外国人観光客に対して車窓観光を提供できますし、その他お勧め場所についての案内等が可能なため、大事なお客様に退屈な思いをさせることがありません。

単発のみならず、月間や年間の契約ができるのもハイヤーの魅力です。毎回違った会社に頼むより、慣れ親しんだ会社に依頼できるほうが安心と感じる方は多いでしょう。

新着情報

2019年11月05日
ホームページを更新しました。