ハイヤーの乗務員が受ける教育

ハイヤー会社は企業の重役や海外からの招待客と言ったVIPだけでなく、個人での利用も広く受け付けています。乗客がどのようなタイプの人であっても、乗務員は変わらずに最高品質のサービスを提供します。このような丁寧な対応ができるのは、ハイヤー会社で乗務員の教育を徹底的に行っているからです。

これまで普通のタクシーの乗務員であったり、別の業界にいた人でも教育を受ければ問題ありません。単に運転が上手くなって乗客を目的地まで届ければ終わりというものでなく、利用する前から降りるときまで快適な時間を送れるようにすることが大切です。そのため、ドアの開け締めはもちろんのこと、運転中にする会話の内容まで、どうしたら乗客に喜んでもらえるのかを考えた行動をできるようにします。ハイヤーが提供する最高品質のサービスは、マニュアルを読んで覚える知識ではなく、思いやりや心配りといった気持ちから生まれます。丁寧なサービスを提供できるようになるためには、やはり同じ人間から教わるべきです。

ハイヤーの乗務員として一人前になるための教育では、ハイヤーのことを熟知した教官という存在も無視できません。実際に、ハイヤーの乗務員になるべく入社したならば、教官が同乗をしながら指導をしていく形が取られることもあります。ドライバーは指導を受けることに慣れていないと緊張するかもしれませんが、徹底的にノウハウを仕込んでもらえるというチャンスだと割り切れば、うまく成長できるでしょう。

ハイヤーを利用する人の中には高齢者や障がい者のように、体をうまく動かせない人もいます。これは普通のタクシーの乗務員でも学んでおいたほうが良いことですが、ハイヤーの乗務員であればなおのことどのような人でも心地よく利用してもらうために、知識や技術を学ぶことが大切です。多様な乗客に対応できるようにタクシー業界全体で実施しているのがユニバーサルドライバー研修です。社会情勢についてやコミュニケーションのとり方、車椅子の取り扱い方などを学んでいきます。タクシー会社が研修実施機関となることもありますから、ハイヤーの乗務員を目指すのであれば、その点をよく確認したほうが良いでしょう。教育についてはサイトなどで募集要項を見れば確認できます。学べる内容や費用の補助などを受けられる条件などが細かく書かれています。もし疑問を抱くことがあれば、ためらうことなく会社に問い合わせましょう。